2017年 空旅@プラチナST

ANAの快適な空旅ができる“理由”がコレ

更新日:

あなたが当ブログを初めて見るならまずこちらをご覧ください。本ブログの趣旨を書いています。

3月中旬に、大阪の梅田にある企業さんとの打合せで出張してきました。

そのときに気付いた、普段は表に出ない、でも5スターならではのANAのサービスについてお話します。

スポンサーリンク

 

雨天時に気をつけたいこと

朝から大阪で打合せがある場合、普段なら私は前日入りします。

でも、今回は前日夜遅くまで東京の方で仕事が入っていたために、飛行機はもちろん新幹線でも大阪に移動することはできずに断念。仕方がなく当日の朝に移動することになりました。

でも当日の天気はあいにく雨。

2016年から出張のときは飛行機で移動すること切り替えてから、初めての“雨”ということになりました。私は自分でいうのもなんですが晴れ男なので、これまで出張の時に雨だったというのはほとんどありません。というより、天気が悪そうな日には出張を避けていたのかもしれないですね、、、無意識的に。

雨なので道中濡れないように当然傘を持って行きますが、必ず折りたたみできる傘を持って行きましょう。

なぜかというと、機内に傘を持って入ることはできますが(ANAのHP:Q&A参照)、置き場所にとても困ります。

濡れた傘を座席上の物入れに収納するとなると、他のお客さんの荷物にぶつかって邪魔になりますし、冬だと脱いだコートを入れたりもします。とても迷惑がられます。

といって、座席の下に入れようにも場所がなくて、横向きにして置くと隣のお客さんの方にはみ出ます。これもやっぱり迷惑がられます。

ということで、普通の傘は機内では扱いに困るので、預けることになります。

でもね、、、

目的地に到着後、預けた傘を取るためだけにベルトコンベアの回っている手荷物受取場で待機しているというのも。。。ちょっと恥ずかしい感じがありますよね。

しかも仕事中ですから。移動時間はできるだけ短縮しましょう。そんなものにあなたの貴重な時間を使っている場合ではありません。

そういうわけで、飛行機移動の際には折りたたみの傘で行きましょう。

あと、革靴などを履いている人は要注意。空港のロビー内は普段からとてもよく磨かれています。それが災いしてか、雨天時にはとても滑りやすくなります。走ったりすると大転倒して怪我をすることもあるのでくれぐれも気をつけてくださいね。私もこの日、羽田空港の保安検査場に向かう空港ロビーで滑りました。。。幸い大事には至りませんでしたが、太ももがつったような痛みが残りました。

 

この人達がいるから雨の日も快適に空旅できるんです

この日は結構な雨で、空港に着くころには道中かなり濡れてしまいました。滑って少し身体は痛いし、フライトまでの時間も余りありません。羽田空港のANAラウンジに入ってゆっくりくつろげる時間がなかなかないな。。。しかも、その日の搭乗ゲートはラウンジから遠く離れた場所に変更になっており、これまた移動が大変でした。ただ、ほぼ真隣にカードラウンジがあったので、とりあえず水でも飲もう、「ダイナースカードにしておいて良かったぁ」と思いつつ中に入りました。でも中は満席。順番待ちの状態でした。断念!!

また羽田空港のラウンジについては、別日に時間を取って取材をがっつりさせてもらいます。

仕方がなく、そのまま飛行機に乗り込みました。

朝の移動⇒当日は強い雨⇒濡れる⇒身体冷える&滑って痛い⇒ラウンジも混雑⇒気分最悪。

窓の外の景色も悪いです。

ANA飛行機STARWARS雨天

スターウォーズの機体も文字が読めないくらい雨降ってるし。

仕事とはいえ、今日みたいな日は出張行きたくねーなー。と思いながら景色を眺めていると。

ANA整備士雨天

こんな大雨の中、整備士さん達の手を振る姿が。『いってらっしゃい』の言葉が聞こえてくるようでした。大げさかもしれませんが。

そうだよね。この人達がいるから私達は空旅を安全に快適にできるんですよね。この姿を見て、ANAラウンジや機内サービスだけではない、縁の下からの心温まるサービスを感じました。出張の移動にANAのフライトを選んで正解だなと感じた1コマでした。

ただ、やっぱり道中濡れたのもあって、後日少し風邪を引きましたが(笑)

-2017年, 空旅@プラチナST
-, ,

Copyright© ダイヤモンドライフ , 2020 AllRights Reserved.