2017年 空旅@プラチナST

プレミアムクラスの奥深さ:フライト時間によってメニューが違う!

更新日:

あなたが当ブログを初めて見るならまずこちらをご覧ください。本ブログの趣旨を書いています。

2月の札幌出張から1ヶ月足らず、3月に再び札幌出張が入りました。

選んだフライトはやはりプレミアムクラス。

2月に機内サービスを初体験してからというもの、どうしてもこれにこだわってしまう自分がいます。

この記事では、その時の新たな体験と発見について書いています。

スポンサーリンク

 

プレミアムクラスの運賃について

2月の札幌出張の際、選んだプレミアムクラスは「プレミアム特割」でした。

変更が効かない分、ビジネスきっぷと比べてもそこまで料金に差がないので、フライト時間がしっかりと固定できるならお得感満載です。

ちなみに2月に搭乗したプレミアムクラスとビジネスきっぷとの差額は5,000円でした(←詳しくは2月の札幌出張の記事をご覧ください)。

今回はというと、プレミアム特割が片道37,090円で往復だと74,180円です。そしてビジネスきっぷが往復で79,380円でした。

???

!!!??

え!?意味不明なんですが。。。今回私が選んだプレミアム特割の方が安い!?その差額は5,200円!?

2月の出張の時は、プレミアム特割の方が5,000円高かったんです。これが当然だと思っていました。でもそれが今回は逆に5,200円安いと!?

そうなんです。フライトの時間帯や日にちによっては、プレミアム特割の方が安くなる時が結構あるんです。

あなたもビジネスきっぷを取るなら、その時にはぜひプレミアム特割と比べてみてください。

というわけで、私は今回も往復共にプレミアムクラスを予約してしまいました。

まあ、私はプレミアムクラスのサービスにはまってしまったので、高かったとしてもプレミアムクラスを予約しますけどね!(←ただの強がりww)

 

昼の羽田から新千歳空港へのフライト:絶品キーマカレー

2月のフライトでは、往路も復路も夕方の便だったので機内食も『夕食』となるものが出ました。

今回往路は昼の便でした。といっても、前回と同じ『Premium GOZEN』の分類に入る時間帯です。なので、同じらかん亭のメニューなんだろうなぁと思っていました。

いつもと同じように離陸後、安全確認が取れベルト着用のランプが消えると、CAさん達が慌ただしく用意をしています。そして順番に食事や飲み物を各テーブルに出してくれます。今回私のレーンは、私よりも少し年上の、でもとても気品の漂うCAさんが担当しています。私の番になって、彼女は客の心を落ち着かせるような気品ある声で、「本日は、昼食にキーマカレーをお持ちしました」と言って配膳してくれました。

同じPremiumGOZENなのに、フライト時間によってメニューが違うの!?

プレミアムシート前にあるメニューパンフレットに、羽田発の機内食は「銀座 うち山」の和食となっていたので、良い意味で裏切られました。

プレミアムクラス羽田札幌201703

このキーマカレー。。。絶品でした!!アツアツなのはもちろんなのですが、バターライスとチーズのマッチ具合が抜群でそこにローストされた茄子が添えられて、言うことがありませんでした。

これのおかげでその日、札幌での仕事を夜まで全力で取り組めました!

あ、ちなみに仕事があったので当然お酒は飲めず、美味しいみかんジュースを頂きました。

そして食後にはコーヒーでゆっくりとくつろげました。

後日わかったのですが、朝食と昼食にあたるフライト時間は、Premium GOZENでもANAのオリジナルメニューが提供されるそうです。ぜひ体験してみてください。(←ANAホームページのプレミアムクラスのページを参照ください)

次の日も朝から仕事に取り組んで、終わったのが昼過ぎ。

新千歳空港についてフライト時間まではスーパーラウンジに入って、気持ち新たに次の仕事に取り組みます。

新千歳空港スーパーラウンジ

そしてここに来る度に毎回同じことを思います。

「広い空間で隣との距離も十分にあるからストレスを全く感じないわ~」

しかも、ANAラウンジは2017年9月頃まで改装工事中で使えないので、ますますこのラウンジが必要になってきます。あなたが新千歳空港を利用するならゴールドカードを手に入れておいてください。

 

復路では夕食タイムを満喫

新千歳空港羽田行きの便は夕方のフライトだったので、機内では夕食が出ました。

プレミアムクラス新千歳羽田201703

プレミアムクラス新千歳羽田201703

今回気になったのは、季節のストレートジュース。CAさんに聞いてみると、ラフランス(洋ナシ)のストレートジュースだということ。

今までそんなオシャレなものは飲んだことがないので、さっそくオーダー。スッキリしていてとても美味しかったです。

食事は北海道の食材がメインかと思ったのですが、今回は以外にも京料理。ご飯に乗っているフキや百合根が桜の葉や花びらを表していて、至るところで春の雰囲気を感じさせてくれました。

食後はダージリンティーと、少し喉が痛かったので黒飴をひとつ注文すると、「旅先でもよろしければお召し上がりください」と、そのCAさんを好きになってしまうようなお言葉。いくつかを袋に包んで持ってきてくれました。まあ、私は羽田空港からはただ家に帰るだけなんだけど。

プレミアムクラスサービス

うーん、、、客の心をわしづかみにするサービス。さすがANA。5スターを取り続けるだけのことはあるな。

ちなみにこのフライトで貯まったプレミアムポイントは、2月の出張と同じで、3,350ptでした。

この時点での合計プレミアムポイントは、18,014ptです。ダイヤモンドステータスまで、遠すぎる道のりww

 

-2017年, 空旅@プラチナST
-, , ,

Copyright© ダイヤモンドライフ , 2020 AllRights Reserved.