ANAスイートラウンジ 伊丹(国内線)

リニューアルオープンした大阪伊丹空港のANAスイートラウンジは開放感たっぷり

更新日:

あなたが当ブログを初めて見るならまずこちらをご覧ください

本ブログの趣旨を書いています。

2019年2月1日、大阪伊丹空港のANAラウンジがリニューアルオープンしました。

ここでは、ANAスイートラウンジでの体験記事を書いています。

ANAラウンジの記事はこちらをご覧ください↓

大阪伊丹空港ANAラウンジ・リニューアルオープン!開放感がハンパない

あなたが当ブログを初めて見るならまずこちらをご覧ください。 本ブログの趣旨を書いています。 2019年2月1日、大阪伊丹空港のANAラウンジがリニューアルオープンしました。 同時にリニューアルオープン ...

続きを見る

スポンサーリンク

 

空港のリニューアルに伴ってラウンジも新しく

昨年、大阪伊丹空港がリニューアルオープンし、保安検査場までのアクセスもとても便利になりました。

モノレールの駅やバス到着場からのアクセスの途中には、色々なショップがあって目移りしてしまいます。

でもまだまだ進化中みたいで、今後の空港の完成が楽しみです。

そんな中、2019年2月1日からANAラウンジが一新されました。

といっても、私は以前から知っていたわけではありません。

2月1日に関西で仕事をして最終便で東京羽田に戻る時、発券時にグランドスタッフさんからそのことを知らされました(^^;

ラウンジの場所は完全に変わっています。

これまでは、保安検査場を抜けて、左の端にラウンジがありました。

保安検査場と同じ階にあるのがANAラウンジ、下の階にあるのがANAスイートラウンジでした。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください↓

大阪伊丹空港のANAスイートラウンジ初体験!Mannekenも

あなたが当ブログを初めて見るならまずこちらをご覧ください。 本ブログの趣旨を書いています。 この記事は、大阪伊丹空港のスイートラウンジ初体験記です。   Contents1 2019年2月1 ...

続きを見る

2019年2月1日からは、保安検査場を抜けたら右手すぐにANAラウンジの入り口があります。

オープン当日の入場だったので、エントランスにはお祝いの花束が並んでいました。

以前のラウンジと違ってとても高級感があります。

中に入ると、エスカレーターで上の階に行けて、そこでANAラウンジとスイートラウンジに分かれます。

右側がANAラウンジ、左側がスイートラウンジです。

エントランスのカウンターや木のぬくもりを感じる壁の作りは、札幌新千歳空港のANAラウンジにとても似ています↓

ついにリニューアルオープン!新千歳空港ANAラウンジを徹底検証

あなたが当ブログを初めて見るならまずこちらをご覧ください。本ブログの趣旨を書いています。 この記事では、9月にリニューアルオープンした新千歳空港のANAラウンジについての体験を書いています。 カードラ ...

続きを見る

今回は、スイートラウンジに入りました。

とても清潔感と高級感に溢れています。

オープン当日だから当然ですね。

 

開放感のある内装でゆったりのソファも

中に入ると右手にはカウンターがあり、専用コンシェルジュがいます。

「いらっしゃいませ」と笑顔で挨拶して頂けます。

入り口からラウンジ内全てを一望できます。

かなり開放感に溢れたラウンジです。

その反面、以前のラウンジとは比べてプライベート感はなかなかありません。

入り口に近いところにビジネスデスクが並んでいます。

そして、ビジネスデスクの中央には美しいインテリアが。

大阪の伝統工芸とANAのブルーカラーのコンセプトが合わさった品が展示されています。

とても美しいです。

自分の座席を決める前に、一時目を奪われていました。

ラウンジの奥側がソファ席になっています。

クッションもあって比較的広いソファと、

小さめのテーブルで1人で一杯やりながら、出発時間までくつろげるソファ席がありました。

私が決めた席はこちら。

クッションとソファの心地良さで半分寝ながら、エビスビールを美味しく頂きました。

 

ドリンクや軽食などのサービスは基本同じ

アルコール類やその他のドリンクなどのサービスはこれまでと基本的に変わっていません。

サッポロ、アサヒ、キリン、サントリーの全てのプレミアムビールが飲めるようになっているのは新しいですね。

それ以外のサービスは基本同じす。

軽食についてもこれまでと同じで、おにぎりとパン、みそ汁とスープが提供されています。

大阪伊丹空港のスイートラウンジでは、以前からマネケンのワッフルが食べられました。

プレーンタイプのワッフルでしたが、今は期間限定でチョコレートワッフルが頂けます。

いつまでなのかは書かれていませんでした。

また、さすが大阪!!

明石焼きも頂けます☆

あれ!?明石焼きなら伊丹空港ではなく神戸空港では。。。?

大阪ならたこ焼き。。。

まあそんな気持ちは置いておいて、タコをたまごボールでとじて出汁で食す明石焼き。

お腹もココロも温まって、ほっと落ち着けます。

 

その他の設備について

電話ボックスについては4つ備えられており、プライベートな空間で他人を気にすることなく電話できます。

以前のラウンジではボックスタイプにはなっていなかったので、これはありがたいです。

ただ、前面が完全ガラス張りで外から丸見えという。。。

スモークくらいあっても良かったかな。

電源設備は、全ての座席にひとつずつの電源コンセントとUSBポートがあります。

スマホやタブレットの充電も問題ありません。

 

まとめ

今回は、大阪伊丹空港のスイートラウンジをリニューアルオープン当日に体験した内容でした。

以前と比べてとても広く、開放的な空間でした。

その反面、プライベート感は少し減った気がします。

次回、伊丹空港に行くときにはANAラウンジの体験を報告したいと思います。

 

2019年2月追記

この2週間後、再び伊丹空港を利用しました。

そしてANAラウンジに入って、サービスを体験してきました。

その時の記事はこちらをご覧ください。

スイートラウンジと比較しながら読んでもらえたらわかりやすいです。

-ANAスイートラウンジ, 伊丹(国内線)
-, ,

Copyright© ダイヤモンドライフ , 2020 AllRights Reserved.