2017年 空旅@プラチナST

大失敗!アップグレードのときの注意点!

投稿日:

あなたが当ブログを初めて見るならまずこちらをご覧ください。本ブログの趣旨を書いています。

この記事では、アップグレードポイントを使ってプレミアムクラスに乗ろうとして大失敗した記事です。

これだけはやってはいけないということだけを伝えます。

スポンサーリンク

 

復路の伊丹発便も挑戦

往路の羽田発便で初めて、アップグレードポイントを使ってプレミアムクラスにアップグレードできました↓

ついにプレミアムクラスにアップグレード成功!

あなたが当ブログを初めて見るならまずこちらをご覧ください。本ブログの趣旨を書いています。 この記事では、アップグレードポイントを使ってプレミアムクラスを満喫した記事です。   Content ...

続きを見る

最高の空旅を満喫し、翌日の月曜日も仕事を快調にこなし、夜は大阪にて宿泊。

火曜日の朝の便で羽田に戻りました。

伊丹発の復路便でもアップグレードポイントによるプレミアムクラスへのアップグレードに挑戦!

伊丹空港に向かう道中でプレミアムクラスの空席情報をチェックすると、、、

空席待ち

!?

まじか。。。でも一度行ってみるか!!

満席』という表示でないということは、空く可能性があるということかも。

10時発のフライトで8時半過ぎには伊丹空港に着いていたので、往路と同じようにチェックインカウンターに行って、アップグレードの申請。

こじるり似のグランドスタッフさんに話しかけました。

こじるり「ただいま空席待ちとなっておりますがいかが致しますか?」

私「空席待ちします。ちなみに何人待っていますか?」

こじるり「今までのところ私様が一番目でございます」

私「良かった~。じゃあ可能性がありますかね」

こじるり「可能性はございます。ただ、ダイヤモンドステータスの方が来られると、そちらの方が優先となってしまいますが、そちらはご了承いただけますか」

私「・・・はい」

この時にちゃんと断ったら良かったのです。

後悔しました。

まあ、たぶんラッシュ時も過ぎているし、ダイヤモンドステータスなんかそんなに来ないよね。。。という希望的観測。

 

ANAラウンジで待機

空席待ちの間は特に何もやることはありません。はい、ただただANAラウンジで待つだけです。

10時発の便だったので、9時45分頃まで待機です。

種別はA。

Sはダイヤモンドステータスの人。

番号が3となっていたのがとても不安でしたが。

まあ、一番目と言われていたのでそれを信じることにしました。

朝ごはんも食べずに待機していたのでお腹が減り、、、例の「すなっくみっくす」で空腹を少しだけ満たしました。

そして、時間になったので搭乗ロビーにあるANAのBカウンターに行きました。

Bカウンターというより、「空席待ち受付カウンター」とちゃんと書いていあるところです。

確かにここにカウンターがありましたが、いつもは素通り。

意識したことさえありませんでした。

今回ここでお世話になるとは。

カウンターにいたAKB48渡辺麻友似のスタッフさんに整理券を渡し、名前が呼ばれるのを待ちます。

 

資本主義を思い知る

3分くらい待つと名前が呼ばれました。

まゆゆ「お客さま申し訳ありません。以下略」

もはや何を言われたのか記憶にありません。

私「あ、あの、1番目と聞いていたのですが。。。」

まゆゆ「はい。一席だけキャンセルが出たのですが、ダイヤモンドステータスの方がいらっしゃいまして、、、」

終わった。。。完全に敗れた。。。

私が敗北し、カウンター前の椅子に座って呆然としていると。。。

まゆゆ「勝ち組様」

スーツケースを引いて身なりもシャキッとした阿部寛似の長身男性が呼ばれていました。

阿部寛「そうですか。良かった。ありがとう」

カッコ良くそう言って、搭乗券を受け取って搭乗ゲートに向かっていきました。

こ、こいつがダイヤモンドステータスの。。。

俺が全く太刀打ちできない奴か!

資本主義の怖さを思い知りました。

この屈辱、忘れん!必ず俺もダイヤモンドステータスを獲得して、もう一度勝負を挑んでやる!

この時は悔しさだけを抱いて飛行機に乗り込みました。

 

本当の辛さはここから

もしかしたらあなたはもう気づいているかもしれません。

そうです。プレミアムクラスにアップグレードできないということは、普通席では食事も提供されないということ。

8時半頃から空席待ちをしていたため、朝食を取っていません。

しかも羽田に着いたらその日はそのまま仕事でした。

空腹のまま飛行機に乗ったために、若干気分も悪くなり、この日のコンディションは最悪な結果になってしまいました。

仕事に影響が出たらダメですね、失格です。

基本的にプレミアムクラスへのアップグレードをするということは、出発空港では食事は控え気味になります。

食事を機内で取ることを考えるので当然ですよね。

 

空席待ちは辞めよう

↑今回言いたかったことです。

後日、羽田空港のカウンターで確率的なことを聞いてみました。

「満席」と違って「空席待ち」は実際にキャンセルが出る確率が高いとのこと。

ただし!!ダイヤモンドステータスの人が待っていることが多い。

当然そちらの方々が優先となり、基本的にはそれで埋まってしまうことが多いとのことでした。

空席待ちの場合は、下手に冒険をするのは辞めた方が良いです。

せめてダイヤモンドステータスになってから、にしましょう。

-2017年, 空旅@プラチナST
-,

Copyright© ダイヤモンドライフ , 2020 AllRights Reserved.