→ブロンズ→プラチナST 2016年1月ー11月

2016年、りょうのANA空旅始まる!

更新日:

2015年11月末。

伊丹空港でのフライト待ち時間に、JCBのイケメン兄さんに出会ったことで、私のANAフライトライフは始まったのです。

12月JCBカードに入会し、2016年の出張など、ほとんどの長距離移動はANAフライトになりました。

この記事では、ANAカードで初めて飛行機に乗り、プレミアムポイントを貯めた実績を書いています。

スポンサーリンク

 

ANAカード(JCB)に入会

ANAカード(ANAホームページのカード紹介に飛びます)って言ってもたくさんありますね。

今から思えばVISAでもMASTERでもなんでも良かったです。

私はただJCBカード(イケメン兄さん)に出会っただけ。

ANA JCBカードの年会費2,160円を払い、ANAカードを持つことになりました。

ANAJCBカード

 

入ったのは、一般のカード。特に何の機能もついてないクレジットカードだけのとてもシンプルなやつです。

ゴールドカードとかプレミアムカードとかあるけれど、一般カードに比べて年会費が跳ねあがって、庶民の私には関係ない存在だよね。

この時はそう思ってました。でも、初めからゴールドカードにしていれば良かったです(理由はこちらの記事で)。

この約1年後、2016年の年末に私はゴールドカードに変更することになりました。

この経緯や理由については、『ANAゴールドカードに移行:ダイナースクラブ』の記事をご覧ください。

 

羽田ー札幌(新千歳空港):獲得プレミアムポイントは?

2016年、私の初フライトは羽田ー札幌でした。

1月後半、日曜日夜出発。仕事で月曜、火曜の二日間を札幌で過ごし、そのまま羽田に戻ってきました。

フライトプランは、確か『旅割り21』みたいなやつでした。

21日前からその日に出張が決まっていれば取っても良いですよね、飛行機代安いから。

翌日、プレミアムポイントを確認すると、、、、。

765ポイント × 2(往復)=1530ポイント

おお!これがまさに第一歩ってことですね。

でも、まだまだ先は長いです。

単純にブロンズステータスまでの30,000ポイントに到達するのに、羽田ー札幌を20往復!

プラチナステータスまでの50,000ポイントまでは、なんと33回!!

うーん、これはちょっと厳しいか。。。

 

羽田ー伊丹:獲得プレミアムポイントは?

それから2週間後。関西へ出張に行くことになりました。

直前に決まったので、プランは『特割』ってやつです。

新幹線で東京ー新大阪を移動した時の料金とほとんど変わりません。

関西に1泊して戻ってくると、次の日プレミアムポイントが↓

820ポイント × 2(往復)=1640ポイント!!

???

札幌の時は1530ポイントだったから、それより多く貯まっている!!

札幌行く方が確実に遠いのにどうしてだろう。

まあ、羽田ー伊丹の方が本数も多いし、ビジネスマンも多くてポイント的に有利なのかな。

実際、この不思議についてもっとちゃんと調べていれば、8ヶ月後に後悔することはなかったのに。

以降、同じようなフライト料金で出張を繰り返したことが、後で大きな仇となって私に降りかかってきたのです。

 

1年で貯まるプレミアムポイントは?

羽田ー伊丹のプレミアムポイントの結果は私にとってかなり嬉しいです。

私の空旅のほとんどは関西方面だからです。

だいたい1ヶ月に1回か2回くらい関西に出張するから、、、1年間で最低でも15回は行くということになるだろう。

そうするとそれだけで、たまるプレミアムポイントは、

1640 × 15 = 24,600ポイント!

これに札幌出張が8回くらいあるから、

1530 × 8 = 12,240ポイント!

合わせて、36,840ポイント!

ブロンズステータスは何とか達成できるか。

残りの14,000ポイント弱を貯めることができれば。。。

海外出張なんかが入れば良いんだけどな。

そんなことを画策しながら、何とかプラチナステータスを獲得しようとする空旅の完全な初心者・りょうがそこにいたのでした。

次の記事↓

激闘8ヶ月!ブロンズステータス獲得』へ

 

 

-→ブロンズ→プラチナST, 2016年1月ー11月
-,

Copyright© ダイヤモンドライフ , 2020 AllRights Reserved.