→ブロンズ→プラチナST 2016年1月ー11月

ANA初フライトで知った事実

更新日:

一応初めに断っておきます。

最近になるまで飛行機に乗ったことが無い、なんてことはないです。

高校生の時、愛媛県へ旅行したのが初めての飛行機でした。意外と遅い?(笑)

その時も確かANAだったような。

大学生時代には北海道へのスキー旅行、沖縄などなど、ANAを利用してたんだよね。

けど、すべて単発だったから。

ANAの利用でポイントやマイルを貯めるとか全く意識していませんでした。

変わったのは、仕事でどうしてもANAを使う必要が出た時から。

それが2015年も終わりに差し掛かった11月のことでした。

それまでの経緯は私の『空旅人『りょう』のプロフ』をご覧ください。

スポンサーリンク

 

羽田空港に到着後チェックイン

自宅から電車に乗って移動。羽田空港に着くとチェックインカウンターに向かいました。

この時点でちょっと特別な空間なんですよね、空港って。

羽田空港は混雑もしているし、歩く距離も結構あるんだけど、基本的に綺麗だし、ANAの地上係員さんの対応・サービスも素晴らしいから気分が良くなります。

そして、無事に手続きを済ませて保安検査場へ。

ベルトの金属に反応したり、ポケットに何か入れていると「ピー!」ってなって止められる。

毎回ちょっと緊張します、ここって。

しかも混んでる時は結構並ぶんだよな~。飛行機ってフライト時間は1時間だったとしても、こういうので時間がたくさん取られますよね。。。

この時も結構混んでました。。。

ただ時間はまだゆとりがあったので、空くまでチェックインカウンターや保安検査場の前をぶらぶら。

 

羽田空港保安検査場

 

高級感漂う秘密の入り口:SUITE CHECK-IN

久しぶりに来た羽田空港を端から端までうろうろとしていたその時。

ん!?ここは何!?

明らかに一般人を寄せ付けない、選ばれた人だけが通って良さそうな入口を発見しました。

『ANA SUITE CHECK-IN』とな。

羽田空港ANA SUITE CHECK-IN

しかも、ANA マイレージクラブ:Diamond、のマークが。

ここは、何かの殿上人や悪いことして金を儲けた人だけが通ることのできるところ(笑)

それか、ANAの大株主などが通れるんだろうな。そうニヤニヤと妄想してました。

この先の人生で自分には関係ないかな~。

 

サラリーマンの秘密の入り口?:PREMIUM CHECK-IN

そうやってまたぶらぶらと歩いていると、、、。

また別の形の入り口が。

ふむふむ、『ANA PREMIUM CHECK-IN』か。

羽田空港ANAプレミアムチェックイン

おお~欧米人が二人入っていくわ。

外国人さん用か??いやいや、その後もサラリーマン風の普通のスーツ着た日本人達、俺レベル(?)の感じの人達もどんどん入っていくぞ??

さっきのDiamondの入口より少し簡素ではあるものの、確実に良い待遇でチェックインできそうな場所だな。

なんやらたくさんのマークが書いてあるぞ。

Platinum、プレミアムクラス。。。

なるほど、エコノミーじゃなくて、良い席(プレミアムクラス)を取ったらここから入れるのか。

でもそれ以外のPlatinumとかって、どうやったらそういう人間に選ばれるのだろう。

 

搭乗前までの待機場所:ラウンジ!?

仕事で初めてANAを利用した私は完全に無知でした。

結局もとの保安検査場に戻って、少し緊張しながらもゲートを通過し、搭乗口(58番)まで向かいます。

そこでまた、不思議な入口を発見!

ANA LOUNGE。。。

羽田空港 ANA ラウンジ

そこにはまたもや、Diamond、Plutinumなどのマークが。。。

ここでも一般人を寄せ付けない排他的な雰囲気を漂わせていました。中もすぐに見えないし。。。

完全な鎖国状態。

入っていくのは会社で役職高そうなおっさんやできる風貌のサラリーマン、飛行機移動に慣れている家族やら、、、。

ひょっとして飛行機にたくさんの回数乗った人なら、ここに出入りできるんじゃないの?

そんなモヤモヤな気持ちを抱きながら。

そもそもこの時は、空港には『ANAのラウンジ』だけでなく、『カードラウンジ』なるものが別に用意されていることも全く知らなかった私。。。

伊丹空港へ向けて羽田空港を離陸したのです。

次の記事↓

ANAカード入会! JCBのイケメン兄さんとの出会い』へ

-→ブロンズ→プラチナST, 2016年1月ー11月
-,

Copyright© ダイヤモンドライフ , 2020 AllRights Reserved.